「好きは夢の種」を伝える授業

昨年末のNHK紅白歌合戦。
放送されている時間はやること色々あったし、なんちゃら48とか〇代目ブラザースとか興味ないものはすっ飛ばして観たかったので(笑)とりあえず録画。

まとまった時間がなかなか取れずにいましたが、ようやく先週末に観終わりました。基本的には「ながら見」していたのですが、福山雅治さんが、小学校で「将来の夢」について語っている映像が流れて思わず画面を凝視。

子どもたちが「将来の夢」を思い思い、絵にしていました。

「自分らしく夢を持つ」

「これが好きだな、と思うものを見て自分なりに描いてみたものがオリジナリティ。自分らしさ。」

「今 自分が思っているものを誰よりも好きになること」

夢を叶えることについて福山さんが子どもたちに語り掛けます。

小学校でドリームマップ授業をするとき、「自分の好きを見つけること」にかなりの時間を使います。
好きな色、好きな教科、好きな動物、あこがれの人…。そんな「自分の好き」が夢の種になっていくからです。

先月末に学校ドリームマップ授業を進行する役割を行うようになり、今月あと3校。

来月は、大人向けのワンディドリームマップも開催します。

紅白での福山さんの映像、このタイミングで観てよかった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA