一週間のまとめ(9/26-10/2)

【ニュース色々】

ライター危ないから販売しない。ってなんか違う気がするんだけど。
子供が誤って使ってしまう、っていうのはわかるけど、それは親が
ケアすればいい話なのでは?ここにきて急に「子供」が沸いて出てきた
わけじゃあるまいに。
こんにゃくゼリーとかと同じで、本来親がなすべき注意を怠っていて
起きてしまったことの「責任の所在」を、メーカーに押し付けているような。

非難準備区域解除。除染済んでいないのに、なぜ?の声多数。
細野さんの目が泳いでいるのがなんとも…。

ピストバイク取締り。これはもう、がんがんやって欲しい。
自転車ブームにどうのこうの言うつもりはないし、正しく、マナーよく
自転車を愛好している人の方が多いのもわかっている。
が、自転車は「車両」だ。
「自転車も、乗れば車両の仲間入り」って標語はもう聞かないのか?
道路交通法に違反している車両は、ガンガン取り締まるべき。

チュートリアルの福田氏のおかげ(?)で昨今の自転車乗りたちの
ダメなところがTVなどで取り上げられるようになったのは、いいことだと思う。
ピストが道交法に違反してる、って話だけじゃなく、その他の違反も
取り上げて欲しい。無灯火、逆走、携帯しながら…などなど。

ただ、悪い点ばかりをあげつらうのではなく、「正しくはこうですよ」
ってところも、もっと大々的にやって欲しい。
自転車でもなんでも、使い方を間違えなければ、便利な道具なんだから。

【テレビなどのお話】

先日、とんねるずの番組で、人気子役の芦田愛菜嬢を見た。
なーんか、違和感。なんだろう、なんだろうと思っていたら、夫が
答えを出してくれた。
「作り笑い」と、見た目が子供なのに、受け答えが大人だから、
なんか「ヘン」なんじゃないか?と。
稼ぎまくっているらしい愛菜ちゃん。まっすぐ育ってね。

10/1、映画が1000円で鑑賞できる日に、『世界侵略:LA決戦』を観た。
「地球外生命体と戦う系」の話は、割とテレビのスポットCMで騙される。
古くはトム・クルーズの『宇宙戦争』とか、最近だと『スカイライン』とか。

『スカイライン』なんて、映像はすごかったけど、ストーリーは
本当に残念だった。

で、『世界侵略:LA決戦』。
映像もすごいし、ストーリーも納得。『スカイライン』みたいに
やられっぱなしじゃなくて、ちゃんと戦っているところが◎。
戦う男たちに弱い私は、最後でちょっとだけ泣いた。

しかし、ミシェル・ロドリゲス
彼女はSWATでもアバターでもロストでもワイルドスピードでも
この映画でも戦っていた。
「戦う女」以外の役、もう回ってこないんだろうな。

さて、もう10月。今週のメインイベントは衣替えだな。
2011年の、終わりが見えてきた…。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です