電車はゴミ箱ではない

朝の通勤時間帯に電車に乗る用事があり、そこで見た光景。
GWの最中なので、車内は空いていた。

電車の中か、駅のホームでかはわからないけど、朝ごはんを
食べ終わったばかり風の男子がいた。
なぜ「朝ごはん食べ終わったばかり風」と見当をつけたかというと
ゴミの入ったコンビニ袋をぶら下げていたからだ。
視界に入ってきたとき、ちょうど、袋の口を縛っているところだった。
食べるところは見ていない。

彼は立っていた。ゴミの袋を網棚に乗せ、ドアを鏡代わりに使い
身づくろいをしていた。髪の毛触ったり、タイピン直したり。
そして某駅で降りて行った。
ゴミの袋を網棚に置いたまま。

カバンは持っていなかった。
時間帯や服装(連れがいて、その男子もスーツ)を考えると、
恐らく社会人だろう。今年の新入社員ではないと思う。

なんか、がっくりきた。
晴れて、気持ちの良い朝だったのに…。
「自分さえよければ」はどこまで進むのか。

Follow me!

電車はゴミ箱ではない” に対して 2 件のコメントがあります

  1. シーボー より:

    同感です
    そういうの多すぎます。
    込んでる電車で缶コーヒーを飲む人も結構いるのですよ。
    ペットボトルでも不愉快ですが、缶はもっと不愉快。
    こぼすのではないか、自分にかかるのではないかといつもひやひやです。
    飲んだ直後に口に手を当てずにせきをします。
    もちろん空き缶は置いて帰ります。

  2. わた より:

    最近は
    シーボーさま

    コメントありがとうございます。
    以前は、電車の中で起こることに、いちいちびっくりしてましたが、最近はあんまりびっくりしなくなってきてしまいました。
    お化粧や髪の毛のセット、飲食や優先席付近での携帯使用などなど…。
    びっくりを通り越して、がっくりですね。そして呆れてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA