自分以外の眼が入る、ということ

何か1つのことをするのに、自分以外の眼と手が入ることで、
予想以上のいい結果を生むことがある。

ジョブシェアリングもそう。

実は、office Get Set, Go ではコーチングサービスだけでなく、
企業からの依頼で「事務業務支援」のサポートも行っている。

今は某企業から、ジョブシェアという形で社会保険事務業務を
サポートして欲しい、という依頼があり、お手伝いしている。

自分が担当した日に行った処理などを申し送り書に残す。
翌日、それを見た別の担当者が同じように申し送り書を残す。

お互い「?」と思うことがあって色々調べたりすることもある。
自分が調べた結果判ったこと、別の担当者が調べて判ったこと。
そうやって自分以外の眼と手が入ることで、知識やスキルが
蓄積されていく仕組みになっている。
申し送り書がそのまま業務マニュアルになっていくのだ。

「これは私の仕事だから」と抱え込んで情報を出さなかったり、
「それは私の仕事ではありません」と協力することを拒んだり、
そういうのって、もったいないと思う。

「仕事を抱え込ませない」「協力体制を作る」

これらがうまくいっている組織は、風通しのよい組織であること
が多い。で、これってリーダー次第で実はどうにでもなること
だったりする。

1人の担当者の眼だけではない視点からも物事を捉え、
風通しのよい組織に向かうためのサポートとして、自分
役に立っていると思うと、ちょっとウレシイ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA