【Poins of You】

Points of You (ポインツ・オブ・ユーとは?>

2006年にイスラエルのコーチング専門家によって開発されたコミュニケーションツールです。 世界147カ国、19言語で展開されています(2017年現在)。

65枚のカードを使って、直観力、創造力、発想力、感性、感覚を司る「右脳」に刺激を与えることで、言語、論理、思考を司る「左脳」の働きにも影響を与える画期的なツールです

Points of You…これはPoints of View(=見解・視点等)に通じるもので、「あなたの」ものの見方を探ったり、そこに集う人々との「視点の違い」を知ることによって、新たなモノの見方を得たり…といったことを可能にします。

自分を知り、相手を理解し、そこに集う人々を応援しあう。過去から未来に向かって物事を時系列で整理する。 覚悟を持って取り組みたいことがあるが、まず何から手をつけようか。動き始めたはいいが、果たしてこの方向でいいのか…。パーソナル・ビジネスの両方のシーンで幅広く活用可能なツールです。

カードを見て、「感じて、考えて、伝える」という『ハブルータ』と呼ばれる対面学習法の1つを取り入れ、コミュニケーションを活性化し、質までもを高めていくことができます。

Points of Youを使ってできること:個人編>

セルフコーチング全般、自身が抱える課題の解決 ・自身と他者の関係性を紐解く・現在起きていることを過去から未来まで時系列で整理する、など様々なシーンでお役立ていただけます。

個人向けのオープンワークショップは不定期に行っています。
開催予定日、会場等はこちらをご覧ください。

4名様以上お集まりいただければ、ご希望の場所までお伺いしワークショップを開催することも可能です。

お気軽にお問合せください。

Points of Youを使ってできること:企業・団体編>

コーチング(セルフコーチング・グループコーチングも)はもちろん、ビジネスのシーンにおいても幅広い用途で活用することができます。

・共通言語として対話を促進   (活用シーン例:面談、目標設定、アクションプランニング等)
・新たな視点を引き出す     (活用シーン例:商品開発、コーチング等)
・自己理解・他者理解を深める  (活用シーン例:自己紹介、チームビルディング等)
・プロジェクトのスムースな遂行 (活用シーン例:SWOT分析等)

<導入企業・団体例>

・株式会社クボタのラグビーチーム クボタスピアース
・イスラエルやアメリカの教育省、NASA(アメリカ航空宇宙局)
・Intel、Google、IKEA、Cirque du Soleil 他 世界規模で事業を展開している多数の企業

本ツールを使用した研修プログラムについてのお問合せ・ご相談はこちらまで。

第4回日本HRチャレンジ大賞の奨励賞受賞

「視点拡張ツールによって、自己理解と他者理解を促進。組織のコミュニケーション不全を一気に解決し、各人が主体的に行動できる組織への変革を実現」「左脳やロジカルシンキングのみで解決できない問題を捉え、感性・直観を重視するアプローチをとることで、エグゼクティブから、社会的弱者まで幅広い対象に自己理解と他者理解を促進できるユニークなコミュニケーションツールである」と評価され、2015年第4回日本HRチャレンジ大賞奨励賞を受賞しました。