クライアントの成功

コーチをしていて、楽しい瞬間って多々ある。
クライアントさんからいただく「いい報告」もその1つ。
というか、これは最大の喜びだと思う。

コーチングをしていれば、そういう報告を受けることは
ちょいちょいあるが、扱うテーマが長丁場モノで、長い期間
セッションを重ねた上に…だったりすると、喜びもひとしおだ。

9月に、ある人の「夢の実現」の瞬間に立ち会う機会があった。
その人は2年前のコーチングが「役に立った!」と言って下さった。

そしてこの前の日曜日。

3月からコーチングをしていたクライアントのSさんは、ある試験の
合格を目指していた。
その試験がこの前の日曜にあったのだが、終了直後の自己採点で
「イケたっ!」という報告がきた。

いやー嬉しかったー!

夏ごろには、ちょっとダレていて、思うように勉強が進んでいない
ときもあった。
本人も自覚していたようで、「夏ごろ、脱線しそうになったときに
コーチが引き戻してくれたおかげです」とあった。
「ひとりだったら、途中で止めていたかもしれない」とも。

コーチングって、マラソンの伴走に似ていると思う。
ダレそうなときにペースをちょっと上げたり、飛ばしすぎを押さえたり。
記録されるのも記憶されるのも選手本人。
でもそんな選手の影には、伴走者(一緒に並んで走る人だけでなく
周囲で支える人も含め)がいるのだ。

そんな風にして、ここ半年ちょっと一緒にやってきて、
Sさん本人の頑張りがあって、目標としていたところに到達した。

Sさん、試験に合格、という望む状況は手に入れたね。
次は、それをどういう形にするかだね。

いい報告をありがとう。
あなたのコーチとして本当に喜ばしく思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA