がんばれ、日本!

サッカー日本代表の試合以外で、本気でこう思ったのは、多分
阪神淡路大震災のとき以来だと思う。

金曜に、大崎で仕事をしていて、地震に遭遇した。
最初の揺れの後、すぐにiPhoneのSMSで夫に連絡を取ろうとしたが、
もうすでに送信できない状態になっていた。
その後、DocomoもiPhoneもメール・通話ともまったく出来ず。

「あとちょっとで千葉」な東京に住んでいる自分は、自宅に戻るのに
相当難儀することがわかったので、東京のど真ん中にある実家に
寄せてもらうことにした。しばらくしてようやくメールのみ通じた夫にも、
「私の実家に行って!」と伝える。

大崎から歩くこと2時間少し。実家そばの大きな交差点では、
渋谷方面に向かう人の波。

ありがたいことに、一人暮らしの母の家では、家具が倒れたりもなく
普段とまったく同じように電気もガスも水も使えていた。

先に着いていた夫と、母と3人でニュースに釘付け。東北地方の悲惨な
状況に唖然。

翌朝、電車が動いているのを確認し、自宅に戻る。
鍵を開けて、そーっとリビングのドアを開けたら、この有様。

食器棚の上段にあったワイングラス、お客様用のちょっとお高い食器、
ほぼ全滅。思い入れのある品々。一財産失くなった。
でもテレビやCDラックは無事。ホント、食器類だけが逝ってしまった。
土曜は割れた食器を片付け、地震保険に入っていたことを妹に思いださせて
もらい、保険屋に電話して終了。

日曜も、朝からテレビは地震のニュースのみ。
目の前で、自分の家が津波で流されていくのをなす術なく見ていること
しかできない人たちの映像を見て涙。

電気もガスも水道も情報入手も、普段どおり出来ていること、そして
寝るところがあり、何より命があることがどれだけありがたいことかを
実感。食器が割れたことなんざ小さいことだ、と思い始める。

携帯電話がまったく使い物にならなかった時、ツイッターはずーっと普通に
使えていたことを夫から聞き、夫との緊急連絡用にツイッターアカウントを
取得。まだ使い方がいまいちわかってないけど。

本日月曜。計画停電の影響で、交通機関は大混乱。どうしても恵比寿に
行かねばならない用事があり、普段の倍の時間を想定して家を出たものの、
約束の時間に少々遅れてしまった。
地下鉄に乗っている最中に、緊急地震速報が入ったらしく、急停車もあり。
そして、今日も携帯電話はなかなか通じない。Facebookとツイッターは元気。
帰りは思っていたよりもスムースに帰ってくることができた。

駅前のスーパーはやはり欠品だらけ。お米の棚が、キレーになくなってた。

メールや電話が通じない友人たちの様子をFacebookで確認。
よかった、みんな元気でいるようだ。
そんな友人の一人が、Facebookにこの動画をシェアしていた。
ベタな作りと言ってしまえばそれまでだけど、日本って世界に愛されて
いるんだな、と思えた。ここでまたちょっと涙。
がんばれ、日本。世界中が応援してくれている。

東北関東大震災 宝地図ムービー あなたたちは一人じゃない

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です