「もうダメ」のその先

「もうダメ」な状況になってしまったその後に、どこまで踏ん張れるか。

全豪3回戦で思っていたよりあっさり敗退してしまった錦織 圭
第3セットで30ゲームまで戦って勝ちを手にしたスキアポーネの違いは、
「最後のひと踏ん張り」にあったんだろうと思う。

錦織 圭の相手は世界トップテンランカーだったし、ハナから差があった
のはもちろんで、正直勝てるとは1ミリも思っていなかったけれど、
(私はベルダスコだし)最後の踏ん張り方にちょっと物足りなさを感じて
しまったのは事実。
トップテンランカー相手によく頑張ったとは思うし、第2セット中盤は
互角に戦っていただけに「惜しいなあ」と。

しかもスキアポーネとクズネツォワの、気迫というか意地というか、
あの空間に渦巻く両者の思いの強さ、深さみたいなものが、音になって
聞こえてきそうな試合を見てしまったもんだから、錦織敗退に余計に
「あっさり感」が。

それに引き換え、最後で踏ん張ったのがサッカー日本代表。
アジアカップ、あの状況でカタールを下してベスト4
よく踏ん張った。

技術的なウマイ・ヘタは絶対的な「差」としてあるけれど、
どっちに転んでもおかしくなかったスキアポーネvsクズネツォワを
見て、「最後は気持ち」ってやっぱりあるんだな、と。

スキルとかテクニックだけではない部分って大事だね、を実感した
週末であった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA