失礼のない厚かましさ

元上司から、「新しいチャレンジをするべく奮闘している人たち」
への講演を頼まれ、金曜の午前中に横浜に行った。

そこにはもうお一方、私と同じようにスピーカーとして呼ばれて
いらっしゃる方がいた。

その方はフェアトレード(発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に
購入することを通じ、立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と
自立を目指す運動)
に尽力している方だった。

大阪の株式会社福市(Happy Marketの意味がこめられている)
代表取締役 高津玉枝さんだ。

高津さんがなぜフェアトレードに関わるようになったかを小一時間
聞いたのだけれど、何よりも私に“刺さった”一言があった。

『失礼のない厚かましさ』

これを仕事にする!と決めた彼女は、普通なら「会えそうもない人々」
にアポを入れ、ガンガン会いに行ったとのこと。
多分無理だろうな、と、やらないうちから自分にNGを出さない、という
信念のもと。

今は多くの百貨店から引っ張りだこらしいが…。

その当時のスタンスが『失礼のない厚かましさ』なのだろう。
…うーん、難しい。
『礼を失することなく』と『厚かましい』の両立だもんねぇ。

さて、どうしたらそこに到達できるのか…。
年末に向けて大きな宿題をもらったような気分です。

講演後、会場近くの美幌食堂でプチ打ち上げ。
ここのコロッケが美味しかった

高津さんは別の用事があって中抜けしてたし、私は19時から
新宿でセミナーがあって遅くまでいられなかったから、宴席を
共にすることが出来なかったのが心残り。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA