知らぬ間に日本撤退

昨晩、とある勉強会で、びっくりニュースを耳にした。

コーチングでよく使われるサーベイの1つに、「ストレングスファインダー
というのがある。米ギャラップ社が提供している。

さあ、才能(「じぶん」とルビが振ってある)に目覚めようという本があり、
この本1冊に1つ、固有のコード番号がついていて、このコード番号1つにつき1回、
自分の持っている5つの強みを知ることが出来るサーベイが行える、というものだ。

サーベイはインターネットを通じて行い、質問(100問以上あったかな?)に
答え終わると、自分の持つ5つの強みが提示される、という仕組みになっている。

そのギャラップ社が、知らぬ間に日本から撤退していた。

サイトは今でも日本語表示されるし、2008年の5月にサーベイしたときの結果も
そのままちゃんと表示されるし(日英両語でプリントしていた)、今後も恐らく
日本語サイトは残るとは思うのだが(本、めっちゃ売れたし)。

撤退理由について、ネットで調べても探れないんだけど、どなたかご存知ですか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA