フェデラー敗れる

いよいよ世代交代?

「芝の王者」だったスイスのロジャー・フェデラーがウィンブルドンで
ベスト8敗退。相手はチェコのトマシュ・ベルディヒという選手。
今年の全仏でベスト4に残った人。

フェデラーが29歳、ベルディヒが25歳。世代交代と言うほど
離れていないけれど、こうやって考えるとスポーツ選手の現役時代って、
やっぱり短いんだなあ。(もう終わってしまったわけではないけれど。)

昨日のフェデラー、なんか危ない場面が多くて「ダイジョブか?」なんて
感じながら見てたけど、終わってみたら、やっぱりね、と。
そりゃ全部の試合で優勝なんてのは無理な話なのはわかっているけれど
王者にはいつまでも王者でいて欲しいわけで。

「強い」っていうのも大変です。。。

ウィンブルドン 男子 ベスト8→ベスト4 結果

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA