ペップトーク

火曜日の夜、某交流会にてはじめて“ペップトーク”(Pep talk)という
言葉を聞いた。

“pep”とは「活気、元気、活力、気力、エネルギー」といった意味があり
他動詞になると「~を元気づける、活気づかせる」という意味になる。

で、“pep talk”とは何かというと、起源はスポーツ選手を励ますために
監督や指導者が選手を競技に送り出す前に伝える「短い激励のメッセージ」
とのこと。

現在では「語学」と「心理学」の分析も進み、アメリカではセールスマンの
営業研修やIT技術者のモチベーションアップ研修にも取り入れられている
ものらしい。

パターンA:
「お前らはあれだけ沢山走ってきたんだ。相手に走り負けるわけがない。
さあ、戦って来い!走り負けるんじゃないぞ!」

パターンB:
「お前らはあれだけ沢山走ってきたんだ。相手よりも多く走ってきたぞ。
さあ、行って来い!走り勝ってこいよ!」

監督が選手を送り出すときに掛ける言葉として、適切なのはパターンB。

Aはね、負けるんだって。なぜなら「負ける」という言葉を2度も使って
選手の意識の中に、「負けたらどないしよ」を植えつけてしまうから。

これって、コーチングの研修などで伝えていることと一緒。

営業課長が、担当営業パーソンに声掛けするとき。

「今月あと1件契約取らないと、ノルマ達成しないぞ!現状どうなってる?」
  
           と

「今月あと1件契約取れば、ノルマ達成だね!現状どうなってる?」

では、聞かれた方の心理状態はまるで違う。ノルマを達成しない自分を
イメージするのと、ノルマを達成した自分をイメージするのとでは、
次への行動のしやすさが全く違う。

「ピーマン食べないと、大きくなれないよ」

         と

「ピーマン食べると、大きくなれるよ」

も、そう。子供はどっちの言葉を聞くと、ワクワクする―?

初めて聞いた言葉だったし、実演を見たのも初めてだったけど、
言葉の使い方次第で、受ける印象ってホントに違うんだな、と実感。
岡ちゃんは、カメ戦前にどんなpep talkをかましたのか知りたいわぁ~。

いいもん、知りました。ありがとうございます。

Pep talkについて、詳しくはこちらで。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA