期待はずれ

堂場 瞬一の讐雨をドラマでやる
と聞いて、ちょっと楽しみにしていたんだけど、期待はずれ。

この物語、主人公が慕っていた上司がとんでもないことをしてしまい、
でもその背景にはとても切ない理由があって…なのだけれど、
その切ない感じが全く出ていなかった。
このシリーズを全作読んでいるから、思い入れ在りすぎたのかしら。

2時間ちょっとでまとめるのが無理だったのか、「讐雨」ですら
なかったような…。

制作の段階から、「日本版ダイ・ハード」なんていわれていたようだけれど
そっちの要素(事故にあっても怪我しない、走る車から落とされても動ける)
に力を入れすぎてしまったような…。

2時間ちょっと、がっつり見ちゃったのにな。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です