継続は力・リーダーの資質

阪神タイガース・金本知憲外野手の連続フルイニング出場の
記録が途切れました
広島時代の99年7月21日の阪神戦から1試合も休まずに
試合開始から終了まで出場し、その数1492試合。
世界記録です。

この前観にいったドームでも、浅いフライに突っ込めず
レフトスタンドからも「金本~!なにやっとんじゃ~!!」
なんて声が飛んでいたくらい、最近の守備には問題ありと
思っていただけに「あ~あ」というより「やっぱりね」と
いうのが正直な感想。残念ではあるけれど。

それにしても、10年以上1試合も休まず出続けるってすごい。
中学校3年間、高校3年間、大学4年間の10年よりも長い期間、
学校に行っただけじゃなくて、授業もちゃんと出た、ってこと
だもんな。骨折しても、頭に当てられても、出続けたわけで。

「一生懸命」とか「頑張る」ことがダサいと言われがちな世の中で、
『コレ』と決めたことをやり続けるカッコよさ!
若手の見本にもなっていたんじゃなかろーか。

反面、いつまでも御大が居座り続けるから、若手が育たない、
という見方もあるだろうけれど。
これは野球だけじゃなく、他のスポーツだって政治にだって
あること。それでも信念を貫き、率先垂範となりやり続ける
ことはリーダーの資質の一つだろう。

アニキも現在42歳。タイガースファンとしてはまだまだ頑張って
もらいたいところ。

♪き~たえたそのカラダ あ~ふれる気迫、
そ~れ向こうへぶーちー込ーめ ラーイトスタンドへ~!♪

って、まだまだ歌いたいもんね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です