日韓戦で思うこと

昨晩のサッカー東アジア選手権最終戦。
「永遠のライバル」と言われる日本代表vs韓国代表だった。

来る6月のワールドカップで、「世界のベスト4」を目指す国の
試合運びとは思えない非常にお粗末な戦いっぷりで、惨敗だった。

解説の風間八宏さんのコメントはどれも当を得ていて、頷くことしきり。

特に印象に残ったのが、多分後半だったと思うのだけれど、
サイドバックの長友クンがシュートを放ったとき。
(ちなみに昨日の試合では、稲ちゃんと長友が良かったと思う)

一字一句正確な言い回しではないけれど、大体以下のようなことを
言っていた。

「シュートで終わったのはいいことだ。けれど、
シュートを打つしか選択肢がなかったのか、
他の選択肢もあった上でシュートを選んだのか―?

パスを出すにしても、そこに出すしか選択肢がないから、
というパスしか出せていないようだ」

これってつまり、韓国の方が、日本の攻撃の選択肢を
上手に上手に潰していて、「もうここにパス出すしか…」
という形に持って行っていた、ということなのだろう。
韓国の方が上手だった、と言ってしまえばそれまでなんだけど。

コーチングの世界では、コーチはクライアントに、複数の選択肢を
与えることが大事、と習う。
そしてその選択肢の中から、状況に応じて使い分けることが
出来るように、クライアントから引き出してあげるのもコーチの役目だ。

岡田監督が、選手個々の違いを把握し、彼らが持っている良い資質の
正しい部分を状況に応じて引き出しているのだろうか…

なんて、つまらない試合を見ながら考えてしまったバレンタインの夜―。

そうそう、実況の青島アナの一言も印象的。
「パンチを持っていても、それを繰り出さなければ
相手を叩きのめすことはできません!!」

…ワールドカップまで岡ちゃんで行くのかな。
選手たちが「パンチ」を繰り出せる機会はあるのかな。

Follow me!

日韓戦で思うこと” に対して 2 件のコメントがあります

  1. だんな より:

    禁止事項
    我が家は、KIRINとadidasの購入は禁止とします。よろしく。

  2. わた より:

    Unknown
    >KIRINとadidasの購入は禁止

    承知しました。ビールはKIRIN以外にします。
    すでに持っているadidasのスニーカーは履いてもいいですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA