なんか違うような…

金沢に住む45歳の女性、佐藤さん(仮名)。10年前に離婚し、
小中学生の娘3人との4人暮らし。月額24万円の生活保護費で
暮らしている。
母子加算復活で「とにかくうれしい」とのコメントが出ていた

節約できるものは洋服代くらい、「受ける側に何が必要か考えて欲しい」
とのことなのだが…。

携帯3台25,000円ってなんですか?

自分が1台持つとして、あとの2台は娘の分だろう。
3台で25,000円という金額からして、パケホーダイの契約でも
しているのだろうと思うが、小中学生の娘にパケホーダイが
必要なのか?

生活保護不正受給のニュースもたまに目にする。この方が
不正受給とは決して思わないし、子供に携帯を持たせるな、
と言うつもりもない。

でも、「受ける側に何が必要かを考えて欲しい」と声高に
叫ぶ前に、自分達で出来ることはあるのではないか…?

サラリーマンが手取りで24万円得ようと思ったら、恐らく
額面で30万ではきかないだろう。

こんなニュースを目にしてしまうと、フツーに働く人の
勤労意欲を削いでしまわないだろうか。

等々、たまたま目にしたニュースで感じた「なんか違う」
でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA